小豆の新豆が半分残っていたな・・って思い出し、
ぜんざいが食べたくなったので、
早速作ることにしました。

11月か12月に道の駅で買ったものなんですけれどね。

洗っていると、穴が開いている豆がいっぱいで(汗)
目についたものは避けたりしていたのですが、
たくさんあって面倒になってきたので、
そのままさっと下ゆでしました。

そして茹でこぼして
お豆が柔らかくなるまで煮て、
砂糖を入れて混ぜるとね。

浮いてくること、浮いてくること!!
ちっちゃな白い幼虫が茹であがって〜〜!!!!

う〜〜ん。。
茹でているときになんだかいつもと違う香りだったんですよね。

そうだったか。

こういうことだったのね。

今、
幼虫のタンパク質を摂らないと生きていけない状態ではないので(笑)、
勿体ないけれど・・
捨てました。


それにしても、
手を加えていない小豆は、
こんなにも虫が発生しやすいんですね。

以前もビンに入れていた小豆に虫がうじょうじょ湧いておりましたっけ。


そう考えると、
お店に並んでいる小豆には虫が発生していませんね。
たまたま遭遇しないだけかもしれませんけど。

あずきって・・・
本当は虫が大好きなお豆なんですね。





コメント
コメントする