1月15日は結婚記念日だったのですが、

今年はなんとなく触れずにスルーしました。

 

もうここ数年、

なんとも言えない不協和音がお互いの間で流れていて、

 

「パートナーシップとはなんなのか?」とか、

「”長く一緒に暮らすことの大変さ”に対峙する時期なのか?」とか、

「一緒にいる意味がない?」とか、

はたまた

「一緒に居たくない」とか。

 

嵐の連続でございます。

この数年はその嵐をなんとかやり過ごしながら

日々を送っている感じなのでした。

 

今日、

たまたま図書館で予約していた本が届いて目を通してみたら。

鈍感な男 理不尽な女 (幻冬舎単行本)

 

 

脳機能論とAIの集大成による語感分析法を開発した、感性分析の第一人者・・

黒川伊保子さんの著書に、

こんなことが書いてありましたよ。

 

「離婚といえば、夫婦にはある法則がある。

7年目、14年目、21年目、28年目に、

夫婦の危機がやってくるのだ」

 

「恋に落ちる相手とは、そもそも生体としての相性は最悪、

その行動は理解に苦しむ相手ということになる」

 

「恋をしたのは”違っている”からなのに、それに気づかず、

カップルになってしばらくは”違っている”ことに傷ついていた。

結婚30年を越えて、今は”違っている”ことが面白い」

 

 

そうか。

違いを楽しめる男女・・

が、キーワードですね。

 

一番最悪だったのは2年前か・・。

ウンウン、そういえばね・・。

もう底は経験したから次の周期に入ったのかな。

 

少し心が軽くなった♪

 

こうして波をやり過ごしながら、溺れてしまわないように

調整して過ごすこと。

 

そして

時に、

限界を感じて諦める勇気も必要なことだろう。

 

 

さあ、そろそろ夕食の時間。

豆乳鍋で美味しくあったまろ〜っと。

 

ご機嫌でいることが大事よね。

 

 

冬の西陽。。

光のプリズムが優しいですねえ〜

 




 

二人の子ども達も、もう二十歳を超えて成人になっている今。

親業が一段落して、ふと思うことがあります。

 

未熟な魂を持った

生殖可能な大人の元にやってきた魂は、

 

子どもという器でもって、

親と呼ばれる人たちに試練を与えてその魂を育てる仕事をしてくれている。

 

 

どんなに仕事が辛くとも、

生きづらくとも、

 

子を育て、その成長を見守ることによる喜びを支えに、

親は難所を乗り越えながら

今を生きているのではなかったか。

 

 

子の世話をする、

子を見守る・・

 

時に

傲慢やエゴの強さから子を苦しめ重圧をかけすぎていなかったか。

傲慢やエゴによって子を所有し続けていないか。

 

いつかは「親」という立場を手放し、

 

世話をされる、

見守ってもらう・・

 

そうなっていくのが

人の種の自然な姿なのだろう、と。

 

一個一個が独立した世界で生きる人間なのだけれど、

家族という繋がりで結ばれている今世。

 

 

いつまでも、しがみついていてはいけない。

手放すことを子の魂たちは望んでいるのではないかなぁ・・

と、ふと感じる今日この頃。

 

傲慢やプライドの高さ、自我の強さは

生きづらさを招いているのではないか?

そんなことが腑に落ちていくといいなぁと思う。

 

こうして今日も

 

子たちの魂から、

そして

仕事で出会う、

クリニックのリハビリにいらっしゃる方々から、

また

産前産後のママさんたちから、

気づきや学びを貰っている。

 

「私」の魂の修行も続きます。

 

 

 

 

杜の都の産直で買った、

食用菊「もってのほか」

 

さっと茹でて、

ライトな酢の物にしてみました。


 

 

シャキシャキとした歯触りの中に

トロンとした旨味と複雑な味見が混ざり合って。

 

単純ではない、その印象がクセになります♪

 

 

そして!

薬効も見逃せません!

 

その解毒力はすごいんじゃないかしら?

というのも、

食べた次の日の朝の排泄物たちの匂いが、いつもと違うと感じたので・・。

 

茹で汁も取っておいていただきます。

茹でた花から抜けた苦味は、茹で汁の方へ出ているようで

少し苦味のあるハーブティーです。

 

これまた効きそう〜〜

 

知らず知らずのうちに不必要なものも取り込んでしまっている

私たちの体。

時々しっかりとデトックスしてあげることは

素敵なメンテナンスです。

 

緩やかに

オシャレに

美しく・・

 

様々な方法でデトックスしたいなぁって思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


杜の都へ行ってきました。

 

 

車がないと生活しづらい土地なので、道も車の往来がとても多いのですが、

地図を見てもわかるのですが、市内に公園の多いこと!

朝、

歩道を歩いていると、広々とした林の公園が目に飛び込んできたので

ちょっと寄ってみることにしました。

 

もう・・

本当に様々な種類の木々たちが、

それぞれのテリトリーで適材適所、気持ちよく息づいていてね・・。

その下を通る私たち人間も、心地よさのおすそ分けを頂いて何と気持ちのいいこと!!

そして

とても静かです。

しゃくしゃくと落ち葉を踏みしめる音と鳥の声・・。

 







 

 

色付く葉っぱというものは、

お日様の日差しに透かされると

息をのむほどの美しさを放ちますね。

 

その圧倒的な美しさと存在感は、

人工的な光で照らし出される夜のライトアップとは又違った感動をもたらしてくれます。

 


 

光のプリズムと暖かさと。

火のパワーがもたらす創造力に思いを馳せて・・。

 

葉っぱはやがて地面に落ち、

火と水の力で他の生物たちの栄養となっていく、命の循環。

 

 


 

 

大きな大きなヒマラヤスギの実もたわわに♪

このまあるい形は癒し系ですね。

 

落ちてないかなぁ〜と、

目を皿にして見てみたけれど、まったく・・。

それもそのはず、

ちょっと調べてみたら

12月末からお正月明け頃が拾い時ですって。

 

 

 

木々の中をそぞろ歩いているうちに、

 

いろんなものが整理されて、

そして元気になっていく。

 

人間も

命の循環の一部・・

 

ですね。

 

 

 

 

 

もう12月ですね・・

早いなぁ〜〜。冬の到来ですね。

 

この夏頃、マーシュマロウの話を知人としていて

それ以降ずっと気になっていて・・・。

ドライハーブをやっとゲットしました!

実は、

初めて使ってみるハーブなんですよ・・

 

単品をティーで頂いてみたら、

特に香りもなく、ほんのり甘さを感じる程度。

そして気持ち少しだけトロンとした感じ。

癖がないのでブレンドも楽しそうですね。

「ウスベニタチアオイ」という和名も素敵です。

 

 

 

アオイ科のマーシュマロウ、

親戚のオクラやハイビスカス同様に

その粘液質は粘膜の保護や修復に力を発揮してくれるので、

これからの冬のシーズンの喉を守るアイテムとして活躍してくれそう!

 

ということで、

今回の試作は

マーシュマロウ+タイム+黒砂糖で

チンキを作ってみることにしました。

 

 

 

*奥のクリーム色のものがマーシュマロウの根。

手前はタイムです。*

 

お湯を注いで飲んでみようと思っているけれど、

飲みやすいかしら?

出来上がりが楽しみ!

 

またご報告しますね。