杜の都の産直で買った、

食用菊「もってのほか」

 

さっと茹でて、

ライトな酢の物にしてみました。


 

 

シャキシャキとした歯触りの中に

トロンとした旨味と複雑な味見が混ざり合って。

 

単純ではない、その印象がクセになります♪

 

 

そして!

薬効も見逃せません!

 

その解毒力はすごいんじゃないかしら?

というのも、

食べた次の日の朝の排泄物たちの匂いが、いつもと違うと感じたので・・。

 

茹で汁も取っておいていただきます。

茹でた花から抜けた苦味は、茹で汁の方へ出ているようで

少し苦味のあるハーブティーです。

 

これまた効きそう〜〜

 

知らず知らずのうちに不必要なものも取り込んでしまっている

私たちの体。

時々しっかりとデトックスしてあげることは

素敵なメンテナンスです。

 

緩やかに

オシャレに

美しく・・

 

様々な方法でデトックスしたいなぁって思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

京都のゲストハウス 精美堂インさんでの催しに

出向きました♪

 

熊本の美味しい食材をご紹介くださるとのこと、

熊本のひと皿ランチプレートをいただきました。

 

九州ファンとしては心躍るひととき!!!

 

PEANUTS RECORDSさんの音響演出も、

とっても心地よい空間を作り出してくれていて、

 

なんとも素敵な時間を過ごすことができました。

 

 

 



 

・香心ポークのプロシュートコット
・緒方エッグファームさんの卵とジャ ガイモのタルターラ
・長谷川さんのサツマイモのプレ
・玉名牧場さんのモッツァレラチーズのカプレーゼ
・玉名牧場さんの牛乳自家製リコッタ
・間引き野菜のサラダ
・原木椎茸と赤酒
・レンコンのモスタルダ
・八代海の太刀魚と銀次郎さんのトマト ラグーい草麺で…
・コノシロのマリネハイビスカスと早生みかんを添えて…

 

 

 


 

戸馳島の食卓mano村上シェフ作のお料理は、

本当にお人柄そのままの優しさが、

プレートのあちらこちらにあふれています♪

 

とっても元気な

フェンネルの花蕾やカタバミの葉っぱが添えられていて、

素晴らしいアクセントに、はっとします。

 

 

 


カタバミのハートが

なんだか名残惜しげな私の気持ちを表現してくれているみたい!

 

ごちそうさまでした♡

赤いルバーブ。
デパ地下のお野菜売り場で見つけたの。


 

あべの近鉄百貨店のお野菜売り場は、

珍しい出会いがあることが多いので

時々立ち寄るんですよ。

 

 

 


 

ジャムより低糖で
さらりと煮てみました♪

美しい紅色!

 

 

ルバーブ

英:Rhubarb

和名:食用大黄

タデ科ダイオウ属

 

ルバーブの酸味が好きです。

一度種から育ててみたのですが、

九州では上手く育ってくれませんでした。

 

それに、

赤い茎を想像していたのに

少し伸びた茎は根元が少し赤いだけの黄緑色で、

なかなか赤い茎に育つには気候も関係あるのだろうなぁと

想像しています。

栽培は難しそうですね・・・。

 

以前住んでいた神奈川のハーブ園で売られていた

ルバーブジャムは渋い薄緑色でした。

ちょっと地味だったので、ルバーブはやっぱり赤いのがいいなぁ〜と(笑)

 

今回ゲットした赤いルバーブは

信州富士見産です。この土地の特産なんですって。

 

ルバーブは

お腹のゆるい人は少し気をつけたほうがよさそうです。

便秘の人は是非お試しを♪

 

 

 

今回は、

半分はコンポートに、

半分はシロップにしてみます。


 

少し味見してみると、

五味子にちょっと似ているな・・って印象です。

 

あっ・・

次回は五味子のシロップを仕込もう!

(乾燥実でね♪)

 

もうすぐ旬の五味子のフレッシュをゲットしに

韓国に行きたいなぁ〜〜

 

 

国産のレモンが並び始めましたね〜

大分産のレモンが並んでいたので、
今年産の初物で塩レモンを作りました。

KC4213990001.jpg


まだ青さの残るレモンも初々しくっていいなぁ〜。


レモン塩は
一年くらいは保存可能だとのことだけれど、

うちの借家は、
冷蔵庫に入れていてもカビがくることが多くって(爆)、
大量には作れないのです。

ちょこちょこ・・
が基本です。

なので、
日にちの記入が必須です・笑


そして素材は国産が基本です。

大分、熊本、広島、神奈川・・

レモンの産地は結構あるもんです。

うちは転勤族で、
行く先々で「美味しい出会い」があるので、
国産レモンの出会いもその一つ♪

食いしん坊の私は、
引き寄せちゃいます〜・笑











 
ラブLOVE〜瀬戸ちゃん♡

KC4213810001.jpg


葡萄の季節!
産直で瀬戸ジャイアンツが並んでいる時に出くわしたら、
なんともハッピー〜〜^^

今日買って帰る道すがら、
待ちきれずに運転しながらつまみ食い!!!

時々渋くて外れることもあるのだけれど、
今回の子たちは甘くてジューシー。

このぷっくりとした愛らしい姿もいいね。


巨峰は甘すぎて・・。
マスカット系の爽やかな甘さが好みです♪





 
韓国にお初、行ってきました♪

彼の地の食生活に感化され・笑、
まねっこです。

生の野菜の唐辛子ベースとごま油風味の和え物が最高でしたので。
とりわけ韓流サラダといった趣です。




KC4213790001.jpg

水菜とキュウリ。
食べるの、ちょっと待って〜!まだ和えていないんだけれど。




野菜をグンと引き立ててくれるのは、
この方達♪
はるばる海を渡ってやって来ました〜

アンニョンハセヨー♡
KC4213800001.jpg

左は
刺身などを付けて食べるタイプのもの。

そして右は、
生絞りのごま油。

半端無く胡麻でございます。
贅沢な一品。高級品です。


生のまますべて食すタイプのオイルです。

ニラも、
このお二方のお蔭で
生でどれだけ幸せに美味しく頂いたことでしょう♪

生ニラLOVEになりました。

オススメよ♪






 
イチジクの季節〜

秋ですね♪

これは福岡県産 とよみつひめ
KC4213410001.jpg


栽培されて出回っている品種も多種にわたってきた、いちじく。

いちじく好きにはたまりません!!!

スーパーで多く従来から出回っているものは、
水っぽくて美味しくないのでほとんど買わないのですが、

これは、
案外果実に締まりがあって、甘みがきゅっとしています。

花の部分の赤色も美しい〜〜
うすいクリーム色とのコラボも優しいかんじ。


これから上に生ハムをまとってもらって、
赤ワインとともにいただきまーす〜〜♡


あ。
青いいちじくはご存知でしょうか?

東北の方で出回っている、
いちじく煮用の皮が緑色のもの。

これには思い出があります。

それは
またの機会に♪




 
朝夕がしのぎやすくなって、
あの忌まわしい湿気の続く日々も遠のいた今日この頃。
こんな気候は、いろんなやり取りやお料理もちょっぴりヤル気がアップしてきます^^。


直売で、

サツマイモのツル、芋づるを初めてゲットしましたよ。

KC4213070001.jpg

ここ数日バタバタしていて、
おうちご飯を作れていなかったので
おかずの一品に作ってみようと思って♪

それにしても。。。
細細い茎の一本一本の皮を剥く作業は結構手間がかかるぅ〜〜!!
それでも、
​この心地いい気候が忍耐力アップさせてくれています(笑)


きんぴら風に仕上げてシャキシャキの一品が完成しました。


サツマイモを収穫する前の今の時期、

茎(シュート)がどんどん外に向かって行くので、
それを収穫したのが芋づる(芋がら)です。

野菜として売られているわけではなく、
どちらかというと「始末」の部分。
ミネラルやビタミンが豊富な今が旬な食材です。
戦後の食糧難にも、いちやくを担ったそうですね。

都会のスーパーには並ぶことはない食材。

都市部に育った身には、ワクワクものでございますぅ〜〜〜
そして
長雨で野菜が不足して高値が続いている昨今には有り難いです。


いのちを繋ぐ食べ物。
私自身を作る食べ物。


センシティブになればなるほど、
私たちを生かしてくれる食材がわんさかとあることに気づくんだと思います。

人間って
必死に生きているんだと感じる瞬間。
















 
寒仕込み味噌が出来上がりましたぁ〜〜♪♪

梅雨前に天地返しをして、
夏にもう一度混ぜて様子をみて・・

今年は特に雨が多かったし、カビも生えやすいので、
少しこまめに見て、カビを取り除きながらね。

(今の借家では、冷蔵庫に入れているお味噌ですらカビがくるので・笑。
恐るべしカビパワーでございます〜〜)

今日もういちど混ぜてみると、
ふんわりと優しいお味噌になっています。
おだやかないい感じ。

KC4213350001.jpg


このくらいの発酵の頃合いで良いので、
容器に詰め直して冷蔵庫へ入れることにします。


ツクツクボウシが鳴いている、
秋の日差しが優しい、午前中のキッチンで。







 
柑橘の季節がやってきましたーーー
今年も大好きな「すだち」がお目えです♡



昨日の豚しゃぶを作った残り汁をベースに、
今日はあっさりにゅうめん♪



KC4213320001.jpg


薄口醤油に塩&ウェイパー少々。
あくまでもコクのあるうすくちのスープに、
すだち果汁をきゅ〜〜〜っとたっぷり絞ってね。

美々卯の山椒の効いた七味を振りかけて頂けば。

あぁ〜〜
なんて幸せ♡な、質素ながら満足の一品となりました。


かぼすよりも
ゆずよりも

すだちLOVEでございます〜〜

この短い時間を楽しみたいと思います^^